ファスティング|ネイティブな英語でレッスン!大人向け英会話教室、こども英語教室は愛媛県松山市のMyrtle Wyckoffへ。

ファスティング

2017年07月08日 15:32:10

みなさんはファスティングを知っていますか?

いわゆる断食のことです。

私も人生初のチャレンジを5日間挑戦してみました。

結果的に体重が8キロぐらい落ちました。


私自身体重がどうというよりも、それが及ぼす効果に

すごく興味を示していました。

多分、これまでの人生を振り返ってみても一日たりとも

食事を抜いた記憶は過去にありません。

そんな私ですが、

身体的にどのような変化を遂げることができるのか

を試してみたく、実行に至った次第です。

アドバイザーとして協力してくださった門屋先生の

たくさんの栄養学と体の免疫としての酵素のお話など

ファスティングをするにあたり、細胞レベルでデトックスできるという

お話を新しい価値観として受け取らせていただきました。

空腹であることが内蔵を休めてあげて、なおかつ

消化酵素のかわりに代謝酵素で体の修復作業をしているというのだから

驚いた。この酵素は体の中で作られていて、どちらか一方しかでないのだ。

だから、いつでも食べていると、消化にばかり忙しくあたっているということなのだ。

細かい詳細を書くと長くなりますので本題に入りたいと思います。


今回、先生もおっしゃっていたのですが、ファスティングも5日目になると

脳内が冴えて、何らかのミラクルが起こりますよと。

その矢先に、私自身、長年、演奏においても、英語においても

もうひとつ越えれなかった壁をすっと越えられる気づきがやってきました。

あまりに自然な出来事だったので、通り過ぎるとこでしたが

体も、すっきりして気づかせてくれやすく、頭も冷静に冴えているおかげで

今まで体の機能を無理して使っていたことが違うんだと

はっきりと理解できた瞬間でした。

それは、

呼吸において自然な体の流れに従うことが最大限の力を生み出すこと、

余計な力みをかけていることで、正しく本来の力を出せないでいること

に気づいたことでした。

あまりに、普通なことすぎて、へっ、と読者の方は思われるかもしれません。

これから、英語の発音のトーンをコントロールするときに

すごく大切なことなので、実際にお見せしながらお伝えできればと思います。

今では、英語の音読が今までよりもすごく楽に出せるようになりました。

ありきたりな、体験者談に聞こえますが、単純なことほどわかりにくく

日々通りすぎてしまっているというようなとこです。


ファスティングが、もっと一般的に健康の手段として世の中に広まるといいですね。

まずは、栄養学と健康の教育を予防医学の観点をもって考えていきましょう。




最後に今、必要なのは声に出して英分をすらすら読めるようになることです。

ここから、言語の壁は崩れていきます。








一覧へ戻る

メールフォーム

tel.070-3993-4478

open 10:00-22:00 Irregular holidays

ページの先頭へ