海外留学を思い立ったあの日1|ネイティブな英語でレッスン!大人向け英会話教室、こども英語教室は愛媛県松山市のMyrtle Wyckoffへ。

海外留学を思い立ったあの日1

2017年05月18日 16:01:24

                                              
そもそも、特に英語に興味があったわけでもなく

何か大きく自分の身の回りを一新したかった。

それにしては
アメリカは大きすぎるような気はしそうなもなだったが
その当時の私には
あまりにも漠然と夢の世界に行くような感じで
楽しみで仕方なかった。

しかし、実際はこの現実から、この環境から抜け出したいという
気持ちが一番であった。
なにかしら、人と違うことを好む性分でもあったとも思っている。

今、高校生の生徒さんが同じように海外留学をしようかと考えていて
これから、海外で過ごしていくのかと思うと自分もワクワクしてくる

留学して1年目はすべてが真新しく新鮮で、
その当時の友達とも
あまりに濃い時間を共有したせいか
未だに連絡をとりあえるほどの関係でいる。

不安と期待が満ち溢れた状況で、
過ごした1年はあまりにもドラマチックで
一つ一つ思い出として刻まれている。

初めて親元を離れて生活をするのは
どこにいったとしても、
そういうものかもしれないが
集まった仲間たちが個性豊かで、
やはりカラフルな記憶である。

ざっくりすぎるけれども、
海外経験での一番の財産は
素晴らしい仲間に出会い、
そのおかげで自分が少しずつ変わっていくことができたことだ

次回も、留学経験談をお伝えいたします。

つづく



一覧へ戻る

メールフォーム

tel.070-3993-4478

open 10:00-22:00 Irregular holidays

ページの先頭へ