LとRの発音の違い(L編)|ネイティブな英語でレッスン!大人向け英会話教室、こども英語教室は愛媛県松山市のMyrtle Wyckoffへ。

LとRの発音の違い(L編)

2017年04月17日 04:26:16

今までの知識では、LとRの発音は舌の動きが主に
取り扱われてきたかと思われます。

しかし、実践的なところで機能せず、その場しのぎの
情報となっているかと思います。

私は、LとRの両方にベース音をおくという設定をしています。
その音を構成するために必要な音です。

Lは(エからルに変化するときに)
エのポイントで舌を上の歯の裏に置き、
そこでそのままの状態でエの音をだします。
それがまず、Lのベース音です。
そして、そこからLのラ行を試します。

エのベース音を響かせた状態から
ルに音が移動したと同時に舌を
歯の裏側から離します。

そして、同様に
エ➡ラ
エ➡リ
エ➡ル
エ➡レ
エ➡ロ

この感覚になれたら、

LION(エラ)
LEASE(エリ)
LOOSE(エル)
LEMON(エレ)
LONG (エロ)

ポイントはエの時にエのベース音が響いていることです。

何回も練習して慣れてくださいね。

次回、Rのバージョンをお伝えいたします。


一覧へ戻る

メールフォーム

tel.070-3993-4478

open 10:00-22:00 Irregular holidays

ページの先頭へ